本文へスキップ

函館市(旧恵山町)にある療養型の病院です。

病院概要clinic guide

院長あいさつ

 市立函館恵山病院は、昭和36年「尻岸内村立国保病院」として創設し、平成14年に現在地に新築移転、同16年には、1市4町村の合併により「市立函館恵山病院」となりました。
 体調の悪い方にはいつでもご来院いただけるよう、救急告示病院として365日24時間体制で患者様の受け入れ、職員一丸となって対応させていただいております。
 当院のような地域密着型の病院には、医療だけでなく介護などの福祉分野も含めた包括的な対応が求められることから、地域の各関係機関と連携をとりながら訪問診療をすすめ、地域住民の皆様に信頼され、愛される病院を築くよう、努力してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

診療について

 内科・外科・小児科・リハビリテーション科を中心に、通院・入院での人工透析治療を行っております。
整形外科及び眼科に関しては、診療応援をいただいております。

職員

院長
川ア 洋
医師 4名
看護職員
看護師 24名 看護助手 8名
医療技術職
6名   管理栄養士 1名
事務職
8名             (R2.4..1 現在)

認可

 ・救急告示病院
 ・労災保険指定医療機関
 ・生活保護法指定医療機関
 ・指定自立支援医療機関(厚生医療・精神通院医療)
 ・身体障害者福祉法指定医の
         配置されている医療機関